sub

味とタンパク質

ダイエット食品は、ローカロリーフードのため味気なく食べても美味しさを感じにくいというイメージがあるでしょう。調味料や脂肪分などを極力カットして、いわゆる粗食をそのまま食べ物として作り上げているため、味気ないのは当然です。
しかし、最近のダイエット食品は味付にもこだわりを持ち、普通の食品を食べているような美味しさを感じながらカロリー制限をすることができるようになったのです。カミングダイエットのスープもその一つでしょう。

カミングダイエットには、8種類のスープが存在します。
味のバリエーションは、クリーミースープであるコーンポタージュ、クラムチャウダー、トマトクリーム、クリームシチュー、グリーンカレーと、クリアスープであるサンラータン、ボルシチ、トムヤムクンの8個です。
これらは、単純に味の違いを楽しめるだけではなく、乳タンパクと大豆タンパクを多く含んでいるためダイエットにも非常に効果が高いのです。
タンパク質は、筋肉を作るために必要なもので筋肉量が増えると基礎代謝もアップします。
そして、大豆タンパクにはガルニシアと呼ばれる脂肪吸収を抑える成分が多く含まれているため、余分なカロリーの吸収を抑えることができるのです。
一食あたり300キロカロリー以内で、食塩量もクリーミースープは3グラム以内、クリーミースープは4,2グラム以内に抑えられているため健康にも良いです。
この8種類全てのスープにその成分と効果が含まれているため、続けることによって痩せやすい体作りを食事面からサポートすることができるでしょう。